海外旅行、直行便のメリットデメリットを考えてみる。

【旅行に関するあれこれ】

海外旅行の手配をするとき、搭乗する飛行機を直行便を選ぶか、乗継便を選ぶか、悩んだことはありませんか。

直行便と乗継便、どちらもメリット・デメリットがあります。
今回は、それについて考えてみたいと思います。

直行便のメリット

直行便のメリットといえば、

  • トランジットの心配をしなくていい
  • ロストバゲージの心配が少ない

があげられます。

慣れない空港でのトランジットは、けっこう大変なもの。
空港ごとにルールが違ったり、間に合うか心配したり、などの懸念がありあます。
また、トランジットの時間が長すぎて、空港でどう時間をつぶそう・・・と悩むケースもありますよね。
直通便なら、それらの心配や悩みはなく、快適な旅ができるといえます。

また、預け入れた荷物の移し替えもないので、ロストバゲージの確立も下がります。

直行便のデメリット

直行便のデメリットといえば、長時間機内にいなければならないこと。
快適なビジネスクラスならまだいいですが、エコノミーとなると長時間の搭乗は疲れますよね。
特にLCCなど、座席間隔の狭い機内だとさらに疲れます。

乗継便なら、いったん乗継空港でリフレッシュするこtも可能。
トランジットの時間を上手に利用して、もう一都市観光する、なんていう楽しみ方もできます。

直行便・乗継便、自分の旅行スタイルに合わせて選ぼう!

直行便、乗継便ともにメリットデメリットがあります。
どちらが自分の旅行スタイルに合っているか、考えて選んでくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました