冬に台湾を旅するときおすすめの服装

【旅行に関するあれこれ】

これからのシーズン、寒い日本を飛び出して、温かい台湾を旅行する人も多いのでは?
そんなとき悩むのが、どのような服装で行ったらいいかではないでしょうか。

今回は、実際に年末台湾を旅したわたしが、冬の台湾でおすすめの服装について、お話したいと思います。

基本は重ね着!

冬でも温かいイメージの台湾ですが、冬はそれなりに寒くなるもの。
とはいえ、地元民のようにダウンジャケットが必要かと言われると、それほどの寒さでもありません。(なぜか地元民はダウンジャケットにビーチサンダルといった格好の人が多いですよね笑)

冬に台湾を旅するときは、温度調節のしやすい、重ね着がおすすめです!

年末に台湾を旅した時は、
散策時
・半そでカットソー
・薄手のカーディガン
・チノパン

バスやMRT
・半そでカットソー
・厚手のパーカー
・チノパン
でちょうどいいくらい。

気温はだいたい、日中で20度前後、夜は15度くらいでした。

日が差している場所や、歩いているときは、日本の春や秋のように、過ごしやすい気候ですが、日や場所によって、気温が大きく変わるので注意が必要です

冬の台湾は気温の変化が大きい

冬の台湾で気を付けて欲しいのが、気温の変化。
今日は半そででもOKなくらい温かくても、明日はコートがないと寒いくらい・・・
なんていう風に、気温の変化が大変大きいです。

とはいえ、ヒートテックなどが必要なほどの寒さではないので、日本の春や秋をイメージしておくと、いいかもしれません。

とにかく、調節しやすいよう脱ぎ着しやすい服装がおすすめですよ。

公共交通機関はエアコンが効きすぎてることも

飛行機内はもちろん、MRTやバスなど、公共交通機関はエアコンが効きすぎていて、寒いことも。
さっと羽織ったりできるよう、羽織ものやショールを準備しておくのがおすすめです。

寒がりの人は、コンパクトに畳めるダウンやウィンドブレーカーなどがあると、便利だと思います。

寝るときも要注意!

台湾のホテルでは、エアコンが冷房のみというところも。
意外と寝るとき寒くて風邪をひいた・・・なんてことにならないよう、パジャマもそれなりに、温かなものを持っていくとベター。

わたしが年末旅した時は、7分袖のカットソーワンピースと、足首まであるレギンスで過ごしました。
さすがに、半そで短パンでは寒いかもしれません。

体調に気を付けて楽しい旅を!

せっかくの旅行ですから、万全の体調で楽しみたいもの。
体温調節のしやすい重ね着で、旅を楽しんでくださいね!

タイトルとURLをコピーしました