新幹線で台北から台南へ。台湾高鐵乗車レポ【2019台北&台南旅行】

【旅行記】

12/21~12/26の5泊6日で、16回目の台湾旅行へ行ってきました。
16回目の訪台にして、初の台南!
新幹線を利用して、台南まで足を伸ばしてみました。

台湾高鉄(新幹線)は日本から予約できます!

台湾高鐵(通称:高鉄)は、当日駅で乗車券を購入できますが、日本から予約できます。
特におすすめなのが、kkdayで予約すること!

【お得な乗り放題】台湾新幹線・高鉄3日パス / フレキシブル2日パス:外国人限定

わたしが予約した時は、外国人限定で2枚購入すると1枚無料のキャンペーンが開催中だったのですが、残念ながらキャンペーンは終了。
それでも、そうとうお得な乗り放題パスが販売されています!

複数都市を移動したいときには、乗り放題パスがかなりお得です。

kkdayで予約し、バウチャーを窓口で見せると、写真のようなパスが渡されます。
自動改札は通れないので、係員さんに見せて入場します。

高鐵に乗るときは、ぜひ駅弁を!

高鉄といえば、駅弁!
日本の駅弁と異なり、温かいできたてのお弁当を食べられるんですよ。
台湾はMRTは飲食禁止ですが、台鉄(TRA)と呼ばれる電車と高鉄は飲食OK!
ぜひタイミングがあえば、駅弁を楽しんでくださいね。

わたしは残念ながら朝が早く、売り場はオープンしているものの、お弁当はまだ並んでいない状態でした・・・
オープン前からまだかまだかと待っていたので、かなりショックでした・・・

ホーム近くの台鉄弁当本舗2号店は、8時からオープンしていますが、実際にお弁当が充実するのは11時頃だそうです。

台北駅内には、6か所ほどお弁当売り場があるそうですよ。

カナヘイラッピング車両に乗車できました!

ホームで新幹線を待っていると、やってきたのはカナヘイラッピング車両!
知らなかったのですが、2019年11月14日から2020年9月まで運行しているそう。

カナヘイさんの大ファン!というわけでもないのですが、これはテンションが上がります!
ピスケとうさぎのかわいらしいイラストが、各車両ごとに描かれています。

バウチャーとチケットを引き換えるときに、係の方がこの時間をすごく勧めてきたのは、ラッピング車両の時間だったからかな?
カタコトの英語でやり取りしたので、真意は分かりませんが、係の方に感謝です。

車内にも、ピスケとうさぎがいました~。
車内販売もあるのですが、カナヘイグッズが販売されていました。
思わずポーチを購入。

さらに、コーヒーを購入すると、ピスケとうさぎのイラストが!
隣に座ったおじさまが頼んでいて、思わずガン見しちゃいました(笑)
おじさまも気が付いて、じっくり見せてくださいました。台湾の人は本当に優しい。(お行儀悪くてごめんなさい・・・)
その節はお世話になりました(笑)

ラッピング車両の運行時間は、下のサイトで確認できますよ。

卡娜赫拉的小動物 Go!高鐵彩繪列車

台南駅もカナヘイワールド

台南駅はこじんまりとした小さな駅でしたが、カナヘイグッズが豊富にそろっていました!
1階にはセブンイレブンがあり、一角はカナヘイコーナー。
高鉄限定グッズが中心なので、ファンの方は要チェックです!

なんとグッズの自動販売機まであります!

うさぎとピスケ、ねーねーねこまでいますね。
写真を撮っている人も多かったです。

車内は快適でした

高鉄の車内は、とても快適でした。
日本の新幹線と同じなので、戸惑うこともないと思います。

ゴミを集める係の方が来てくださったり、車内販売も頻繁に回ってくるので、快適に過ごせました。

台南駅にも駅弁があります!

台鉄弁当は購入できませんでしたが、台南駅ではいろいろな駅弁が販売されていました。

台南駅内には、ロイヤルホストと一風堂、セブンイレブンで駅弁が販売されていました。
どこも100元だったはず。
わたしは駅弁だけを売っている、小さな売店で購入しました。
チキンかポーク、そしてベジタリアンの3種類。いずれも100元でした。

ご飯の上におかずがどーんと乗った、いわゆるのっけ弁です。
野菜もたっぷり。チキンは照り焼きになっていて、日本人にもなじみのある味わいでしたよ。

高鉄を使って台湾横断も楽しそう!

今回初めて利用した高鉄。
思っていた以上に楽しくて、次は乗り放題パスを利用して、台湾横断旅行をしてみたくなりました。

駅の案内もわかりやすいし、係の方も丁寧なので、中国語も英語もできませんが、安心して乗車できました。

外国人限定のお得なパスやチケットも豊富にあるので、旅するときは利用してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました