味鼎蛋餅で朝食後、北投へ【15回目の台湾旅行】ゆったりの3日目。

【旅行記】

台湾が大好きで、気が付けば今回で15回目の訪台となりました。
15回目の台湾旅行は、台北に3泊4日の予定です。
3日目は北投で温泉を満喫してきます。

味鼎蛋餅(ウェイディンダンピン) でサクサクの 蛋餅

マッサージ効果か、ぐっすり眠って3日目の朝です。
ホテルから歩いて5分くらいのところにある、 味鼎蛋餅(ウェイディンダンピン) で朝食にします。

蛋餅 とは、台湾の朝食の定番メニュー。
クレープのような食べ物で、ネギやたまご、チーズなどが入った食べ物です。
ブリトーにも近いかな。

わたしは、 蛋餅 が大好き!
愛読しているブログ、食べ台湾さんで拝見してから、 味鼎蛋餅 のファンになっちゃいました。

メニュー表は紙。
日本語表記もあるので、分かりやすいです。
入り口がキッチンになっていて、店員さんが席に案内してくれました。
すぐに日本人と見分けられるのが、いつものことながらすごいなぁ。

メニュー表に食べたいものを記入したら、キッチンの方へ持っていきます。
店内は、きれいで明るい雰囲気。
初めての人でも入りやすいお店だと思います。

玉米蛋餅(コーン入りダンピン)にチーズをプラスして、60元(210円)
パイ生地のようなサクサクの生地に、たっぷりのチーズとコーンが入っています。
1人で食べるには、けっこうなボリュームがあるので、シェアがおすすめです。

こちらも、台湾の朝食には欠かせない 鹹豆漿(シェンドウジャン) 40元(140円)も一緒にオーダー。
しょっぱくて温かい豆乳スープです。ラー油もかかっていて、少しピリ辛。
おぼろ豆腐のような食感で、朝食にぴったり。

肉包(肉まん)15元(53円)は夫のオーダー。
こちらも美味しかったそうです。

台湾は朝食営業のお店が充実していて、いいですよね。
さくっと食べられて、お値段もお手頃。
日本にもあるといいのに。

味鼎蛋餅(ウェイディンダンピン)

住所
10491台北市中山區龍江路21巷3號

営業時間
5:45~13:00

予算
鹹豆漿(シェンドウジャン) 40元
蛋餅 (ダンピン)35元

MRTで温泉地北投へ

お腹もいっぱいになったので、温泉地北投へと向かいます。
台北市内からMRTで40分くらいで到着するので、日帰り観光にもぴったりの場所です。

北投駅で降りて、新北投行きのMRTに乗り換えます。
かわいらしいモニュメントがありました。

MRTの車内には、くまさんがでーんと(笑)
けっこうな大きさがあり、なかなかの存在感を放っていました。

3年くらい前に来た時にはなかった、公園のような場所ができています。
ちょっとしたマルシェが開かれているようなので、ちょっと寄ってみます。

今日はこの後、家族風呂とアフタヌーンティーのプランを予約してあるのです!
ただ、思ったより早く着いたので、少しぶらぶらお散歩します。

ものすごく立派な木の下で、ベビーカステラのようなものを売る屋台が。
このほかにも、オーガニックのコーヒーや野菜、織物などが並んでいました。

木造のおしゃれな建物の中は、たくさんの人であふれかえっていたので、外から見ただけ。

「手湯」なるコーナーもありました。

かなりぬるいです(笑)
でも、足湯より気軽に利用できるので、ちょっと温泉気分を味わいたいときにいいですね。

台湾は、街中にちょっとした公園がたくさんあるところが好きです。
決して広くはない街なのに、緑が街中にあふれている印象です。
だから、街歩きも楽しいのかな。

いつのまにかけっこう歩いたので、温泉の前に少し休憩です。
ケンタッキーのエッグタルトが美味しいときいたので、思わず注文。

アツアツのエッグタルト、本当に美味しかったです。
ファストフード店で、気軽にエッグタルトが食べられるっていいなぁ。

さぁ、いよいよ温泉へ向かいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました