スターフライヤー搭乗レポ【2019台北&台南旅行】

【旅行記】

12/21~12/26の5泊6日で、16回目の台湾旅行へ行ってきました。
台湾へはお気に入りのスターフライヤー。
往復の搭乗レポをお伝えしたいと思います!

出発は北九州空港から

スターフライヤーの国際線は、北九州空港と、セントレア空港の2か所から桃園空港便が就航しています。
今回も、自宅から近い北九州空港を利用しました。

北九州空港では、国際定期路線利用の際、駐車場無料券が2日分もらえるキャンペーンをおこなっているので、ありがたいです!

スターフライヤーは座席もゆったり

スターフライヤーのお気に入りポイントのひとつは、座席がゆったりしていること!
写真は非常口座席ですが、かなりゆったりしています。

166㎝の私が座っても、足元にこれだけゆとりがあります。

大きな個人モニタープラス、各座席にコンセントがあります。
機内でスマフォを充電したり、PCを使用したりできてとても便利です。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

前回の搭乗記はこちら

お楽しみの機内食!北九州→桃園

スターフライヤーは機内食も美味しくて、楽しみのひとつです。
お弁当形式で、1種類のみですが、なかなか本格的な和食のお弁当をいただけます。

このようなスタイルで提供されます。
小さいボトルのお水がいただけるのが、本当にうれしい。
右上にあるのは、生菓子。
今回はバラをかたどった大福でした。

中身はこのような感じ。
ほかほかに温められています。

左はおかず(鳥の照り焼き・えびしんじょう・卵焼き・サバのみそ焼き)
どれも上品な味付けで、デパ地下のお惣菜にも負けていないクオリティです。

真ん中は小豆ご飯。
小豆の甘みが嬉しい炊き込みご飯でした。

左は野菜の炊き合わせ。
お出汁がしっかりときいた、美味しい炊き合わせでした。

食後にはホットコーヒーやリンゴジュースなどが提供されます。
ホットコーヒーには、チョコレートもついてくるのが嬉しい。

美味しい機内食を楽しんだりしているうちに、あっという間に桃園空港に到着しました。

機内食 桃園→北九州

復路の機内食も、往路と同じスタイルで提供されます。
デザートにはパイナップルケーキ。

復路の機内食は常温。
そのため、お味噌汁が提供されました。
あご出汁の美味しいお味噌汁でしたよ。フリーズドライのねぎもついてきます。

左はおかず。
鶏の照り焼き、卵焼き、鮭のみそ焼き。
少し冷たい状態ですが、美味しくいただけました。

真ん中は柴漬け酢飯。
さっぱりと美味しいご飯でした。

右は野菜の炊き合わせ。
海老も入って、豪華な炊き合わせでした。

機内食を食べ終えるタイミングで、ホットコーヒーやリンゴジュースが提供されます。
このリンゴジュースがかなり美味しいので、ぜひ味わってもらいたい逸品です!

スターフライヤーはホスピタリティも高い!

スターフライヤーのもっともお気に入りのポイントは、ホスピタリティの高さです。
地上係員の方も、客室乗務員の方も、とても丁寧なんです。
リクライニングしない席なので、と背あてを持ってきてくださったりと、本当に丁寧。
これからも、利用していきたい航空会社です!

タイトルとURLをコピーしました